間違ったスキンケアを辞めて正しいケアでニキビ対策

ニキビができるとイコール皮脂が多いからだと思い込んでしまい、ダブル洗顔をして過剰に皮脂を洗い流したり、ニキビ専用の強い刺激があるスキンケアをしたり、皮脂を抑えるためにと洗顔後は化粧水しかつけないなど、間違ったスキンケアをしてニキビを悪化させてしまう方が多くいます。

ニキビができてしまう原因の多くは一つではなく、沢山の要因が重なってニキビとして現れることが多いので、皮脂を取り除いたからと言って治るわけではありません。
特に大人になってからのニキビが乾燥が原因である場合が多く、過剰な洗顔で更に治りにくい環境を作ってしまい、なかなか治らないケースが多いのです。

なぜニキビになってしまうのか?というと、毛穴の角質が何らかの理由で硬くなり、毛穴を塞いでしまうので毛穴の中でアクネ菌が過剰に増えたり、雑菌や皮脂が詰まってしまうからです。
肌の環境が悪くなり、ターンオーバーも乱れるので一度できてしまったニキビが長い間治らなくなります。
正しいスキンケアとしては、硬くなってしまった肌の角質を柔らかくするために、肌には水分をしっかり与えて刺激の少ない美容液で保湿します。

ニキビ痕もきになる場合は、ビタミンC誘導体の含まれている化粧水を馴染ませるとニキビ痕の赤みが和らぐのです。
毛穴の詰まりがひどい場合は、自宅で簡単なピーリングを行うだけで随分と改善されます。

表面上のスキンケアも大切ではありますが、バランスの良い食事とたっぷりの睡眠時間をとるというのもニキビを治す基本になります。

ニキビ予防に効果のあるスキンケアについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です